ボトックス治療におけるデメリット 〜 ボトックスの効果・副作用ガイド

main_top_over_navi
main_top

ボトックス治療におけるデメリット


ボトックス治療は、メリットが多い治療法とされていますが、
なかにはデメリットもあります。
美しく若々しい肌の為にも、一度確認しておきましょう。

まず、効果が永久ではないというデメリットがあります。
ボトックス治療は、注射する量や場所によって、個人に差があります。
効果が継続するとされる期間は、半年?1年程度だと
言われていますから、その効果を持続させるためには、
定期的に治療を受けるために、クリニックなどに
通わなければなりません。

また、ボトックスを注入したあとに、表情筋が過剰に影響を
受けてしまい、筋肉の動きが抑制されてしまった為に、
表情が作りにくく、能面のような顔になってしまうという
ことが、稀にあるようです。
ボトックス治療を受けた事により、まぶたや目の形が変わって、
顔のイメージも変わるということもあるようで、
その際には治療をやり直すよりも、自然に効果がなくなって、
元に戻るのを待つほうが無難だと言われています。

さらに、ボトックス治療を行う医師の技術によっても、
仕上がりが左右されますから、治療経験が浅い医師などに
担当されてしまうと、満足いなかい場合もあるようです。
ボトックス治療は、医師のセンスや技術、経験が顕著に
現れますから、信頼できる医師を選ぶことが大切です。

ボトックスの品質管理は難しいと言われています。
特にアラガン社製以外の品質は、品質が落ちるとされていて、
治療を行うクリニック選びを、慎重に行った方が無難でしょう。

治療自体よりも、クリニックを見つけることのほうが
大変だという声もあるようです。
ボトックス治療を受ける前に、自分なりに調べて、
問い合わせてみた方がいいでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 ボトックスの効果・副作用ガイド All Rights Reserved.

健康食品