ボトックスで受ける副作用について 〜 ボトックスの効果・副作用ガイド

main_top_over_navi
main_top

ボトックスで受ける副作用について


ボトックス治療は、今では美容面で大きな成果をあげています。
しかし、ボトックスというのは、神経毒素の一種でもあり、
効果の出方も個人によって差があり、合わない場合には、
副作用が出る場合もあるようです。
ボトックスの副作用については、医師から説明があるはずなので、
しっかりと聞いて、納得した上で治療をうけましょう。

ボトックス治療の副作用として挙げられているのは、
内出血をしたり、治療した箇所がしびれたり、神経麻痺を起して
顔の表情が乏しくなることです。
特にまぶたの周辺は、トラブルが出ることが多いらしく、
一過性ま眼瞼下垂(上の瞼が下がったまま、上がらない状態)に
なってしまうこともあるようです。

他にも、筋肉のバランスが乱れることによって、
頭痛を引き起こすことがあり、副作用全体の1割が、
この症状を起こすようです。さらに吐き気が伴ったり、
風邪をひいたときのように、鼻づまりや発熱が起こることも
挙げられています。

ボトックス治療は簡単に受けられるメリットがありますが、
筋肉の働きを抑制する作用があり、治療後に顔の印象が
違うと感じる場合もありますから、治療を受ける際には、
慎重に医師と相談しながら、進めていかなければなりません。
顔が変わって見えるという副作用を、未然に防ぐ方法としては、
経験豊かで、信頼出来る医師を探して、充分にカウンセリングを
受けて、納得してから行うことしかないのです。

さらに、ボトックスを受ける時の体調によっても、
副作用の割合には差が出るようです。
睡眠不足や、疲労感があり、体調が万全でない場合には、
治療は避けたほうが良いでしょう。

ボトックス治療は、副作用が少ない治療方法だと言われていますが、
中には副作用が起こる場合もありますから、注意が必要です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 ボトックスの効果・副作用ガイド All Rights Reserved.

健康食品