塗るタイプのボトックス 〜 ボトックスの効果・副作用ガイド

main_top_over_navi
main_top

塗るタイプのボトックス


ボトックスと言えば、体内に注入する注射が一般的に
知られているのですが、最近では「塗るボトックス」が
人気を得ているようです。

これはスペインの会社が開発した「アルジルリン」と呼ばれる
成分を含んだ化粧品のことで、アルジルリンが入っている
化粧品を使用することで、使用した部分の筋肉を麻痺させて、
ボトックスと同じような効果が得られるそうで、
ボトックスに似ていることから、「塗るボトックス」と
呼ばれているそうです。

アルジルリンは、筋肉の動きをコントロールしている、
神経伝達物質の放出を抑える効果があるので、表情筋の動きが
抑えられ、シワが目立たないようになります。
その効果は、どのようなものかと言うと、
連続で1ヶ月程度使用すると、シワの約2/3が解消されるそうで、
日常に使用するスキンケア用品として、利用している方が
多くいるようです。

塗るボトックスには、他にもメリットがいくつかあり、
簡単に手軽にしわを取ることが可能になって、
痛みもなく、副作用がとても軽いことが挙げられています。
さらにボトックスを注入するよりもコストが安く、
自分でシワ取りをしたいという方、注射が苦手な方、
気軽に試してみたいと思う方などから、人気を得ているようです。

更にアルジルリンの効果を高めるための、「ロイファシル」と
いう成分も登場しましたから、今後のボトックス治療の分野でも、
さらに注目されることでしょう。

青汁 飲みやすい


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 ボトックスの効果・副作用ガイド All Rights Reserved.

健康食品