顔面麻痺治療にボトックス 〜 ボトックスの効果・副作用ガイド

main_top_over_navi
main_top

顔面麻痺治療にボトックス


ボトックス治療は、美容などで活用されているのですが、
それだけではなく、顔面に起きるトラブルの治療においても、
効果を発揮しています。

顔面麻痺というのは、口の周辺や目の周り、頬の筋肉が勝手に
ピクピク動いてしまうという疾病で、一般的には顔の片側に
現れることが多いようです。
顔面麻痺は、目の周りから始まるというケースも多く、
進行してしまうと、麻痺が顔全体に広がってしまい、
精神的にもダメージを受ける疾病でもあります。

こういった場合の患者の悩みはとても深く、クリニックなどでは、
顔面麻痺外来や、ボトックス外来を設けていて、
親身に対応に当っている所もあるようです。
まず内服薬から治療することになりますが、
効果が認められないと判断された場合には、
ボトックス治療をすることになるようです。

しかし、顔面麻痺に対しては、根本的に治す為に手術を
することが多く、ボトックス治療をすることは、
手術までの一時的なものということが多いようです。

また、顎関節症の治療にも、ボトックス治療が利用されていて、
あごの筋肉の緊張をほぐすのに効果があり、症状が
改善されているようです。

他にも、顔のエラを目立たなくしたり、小顔治療を行うことも多く、
あごの緊張による張りが無くなって、はっきりとした
輪郭を手に入れる事が出来た、という方もいるようです。

このような、筋肉の過剰な緊張を抑えるためにも、
神経を麻痺させるボトックス治療を行って、
緊張を取り除く効果を体験してみてはいかがでしょうか。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 ボトックスの効果・副作用ガイド All Rights Reserved.

健康食品