ボトックスの成分について 〜 ボトックスの効果・副作用ガイド

main_top_over_navi
main_top

ボトックスの成分について


ボトックスの成分は、ボツリヌス菌を加工したもので、
A型ボツリヌスだけを精製した製剤のことです。
このA型ボツリヌスをボツリヌス菌から抽出して無毒化してから、
減菌生理的食塩水で10倍に薄め、使用されています。


ボトックスがFDA(米国食品医薬品局)によって、人体に無害である
ということが承認されたのは、1989年のことになります。
ボツリヌス菌というのは、毒素型による食中毒の原因としても、
代表的な菌と言われていますが、ボトックスで使用されている
製剤は、安全性が高く副作用も少ないとされていますから、
治療を受ける上で、大きなトラブルになることは少ないようです。

しかし、個人差がありますので、治療を受ける医師によく
相談してから施術を受けましょう。
菌を使用することで心配なのは、体内で菌が増殖してしまい、
問題を引き起こすことがあるからですが、ボトックス治療は、
安心して使用出来るものになっています。

ボトックス治療では、体内でボツリヌス菌が、
どのような働きをするかと言うと、ボトックス注射をした
箇所の神経を麻痺させ、筋肉の働きを抑制します。
その作用でワキガや多汗症、シワやまぶたの痙攣、
斜視や痙性斜頚の改善にも役立っています。

ボトックスの効果が持続する期間は、個人にもよるのですが、
半年?1年程度で徐々に元に戻ると言われています。
ボトックスは体内で自然に分解されますから、
仕上がりに不満があったとしても、一定期間で元の状態に戻ることが
出来ますし、治療の効果を継続させたければ、
再度ボトックスを注射することが可能です。

今では塗るボトックスも人気を得ているのですが、
こちらはアルジルリンを含んでいる化粧品で、
ボツリヌス菌は含まれていませんから、ボトックスとは別の
商品だということは覚えておきましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 ボトックスの効果・副作用ガイド All Rights Reserved.

健康食品