脳性麻痺の治療をボトックスで 〜 ボトックスの効果・副作用ガイド

main_top_over_navi
main_top

脳性麻痺の治療をボトックスで


近頃話題にのぼっているボトックス治療は、疾患治療薬として、
多くの分野でも効果を発揮しています。
厚生労働省では、眼科の保険治療薬として許可をしていますが、
今では、美容の面でも欠かせない成分になっているのです。

また、脳性麻痺の治療にも、ボトックスは効果を発揮しています。
脳性麻痺の場合は、緊張性の症状を緩和する作用があり、
首や肩などの緊張した部分にボトックスを注射して、
緊張を和らげて不随運動を抑制するのです。

脳性麻痺というのは、脳障害によって身体を動かしす機能が
損傷した状態にあり、過剰に筋肉が緊張してしまい、
動かすのが困難であったり、姿勢問題では反り返りを起すなど、
自分で身体の動きがコントロール出来ないことが多くあります。

そこで、ボトックス治療をしてみると、筋肉の緊張が和らいで、
「姿勢がよくなって、肩こりが感じなくなった」
「身体の動きがとても楽になった」などという感想が、
多く寄せられているそうです。

しかし、ボトックス治療の効果には、個人差がありますので、
全く効果が現れないという場合もあるようです。
また、副作用の心配があり、発音がしにくくなったり、
物をうまく飲み込めなくなったり、中には呼吸困難に
陥る場合もありますから、医師と充分に相談したうえで、
治療を受けるようにしてください。

ボトックス治療を受けた脳性麻痺の患者からも、
賛否両論の声が挙がっています。
ボトックスを受ける前に、充分な医師との話し合いの
時間を持つ事をお薦めします。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 ボトックスの効果・副作用ガイド All Rights Reserved.

健康食品